2020.04.16

培養室長就任のお知らせ

4月より培養室長が沖津 摂氏に変わりました。

<培養室長より就任のご挨拶>
大変素晴らしいご縁をいただき、2020年4月より楠原ウィメンズクリニックの培養室長として仕事をさせていただくことになりました。大学基礎動物分野で発生工学を学んだ後、これまでの25年間、生殖補助医療(ART)分野で胚培養に携わってきました。
 ARTにおいては、医師が担当する卵巣刺激や黄体期管理などと共に、実際に卵母細胞や精子、胚の取り扱いを行う培養士の深い専門知識と技術力が治療成功の重要なkey pointとなります。
 これまで培ってきた経験を最大限に活かし、たくさんのART治療施設の中から当院を選んでお越しくださった不妊に悩む患者様方に感謝しつつ、一日でも早く健やかなお子様を授かっていただけるよう、最大限尽力してまいりたいと思います。培養士の仕事の多くは裏方業務ですが受精や胚の発育、凍結など、培養室に関することで疑問に思うことや尋ねてみたいことなどございましたら、外来の先生方や看護師さんなどを通じて、どうぞお気兼ねなくお呼びください。
 どうぞ、よろしくお願い申し上げます。
培養室 沖津 摂

<経歴>
学歴
昭和63年4月 岡山大学 農学部 総合科学研究科 入学
平成4年3月 同 卒業
平成4年4月 岡山大学 大学院 農学研究科修士課程 入学
(家畜繁殖学教室に在籍 指導教官:丹羽晧二教授)
平成6年3月 同 卒業
平成6年4月 岡山大学 大学院 農学研究科博士課程 入学
平成6年12月 同 退学
平成7年5月 徳島大学医学部 医学専攻生
(産婦人科学教室に在籍 指導教官: 青野敏博教授、
苛原 稔教授)
平成14年7月 徳島大学医学部より学位を取得

職歴
平成7年1月 三宅医院 入職 採用
令和2年4月   三宅医院 退職
令和2年4月   楠原ウィメンズクリニック 入職

現職
一般社団法人 日本臨床エンブリオロジスト学会 理事長
日本受精着床学会 理事
日本IVF学会 常任理事
生殖バイオロジー東京シンポジウム 世話人

2020.04.13

新型コロナウイルス感染症対策について当院からご協力のお願い

感染拡大の中で、皆さまに安心して治療を受けて頂くために以下のご協力をお願いいたします。
①来院時にはマスクを必ず着用ください。お持ちでない場合は、受付にお声かけください。
②内診時のバスタオル使用は中止となります。可能な限りスカートでご来院ください。
院内での採精は中止となります。ご自宅で採取のうえご持参ください。
診察をお受けいただくご本人以外の付き添いの方(ご主人も含め)のご来院はお控えください。(採卵後時は除きます)

2020.04.09

担当医が一部更新になります

担当医が一部更新になります
4月より火曜全日と木曜午前の担当医が変更となります。
新しい担当医は画像の通りです。
引き続きよろしくお願いいたします。

2020.04.02

新型コロナウイルス感染症に対する当院の方針

4月1日に日本生殖医学会から「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対する声明」が出されました。
内容は、1.妊娠初期の胎児に及ぼす影響について不明な点が多いこと。2.母体から胎児への感染の可能性は不明であること。3.妊婦における感染の可能性は高いとは言えないが、妊婦が感染した場合に重症化する可能性 4.通常は妊婦に使用しない薬剤による治療が試行されていることから、妊娠が成立した後の感染への対応に苦慮することが予想される。4. 受診や医療行為に関連した新たな感染のリスクの可能性です。

このため、国内での急速な感染拡大の危険性がなくなるまで、あるいは妊娠時に使用できる予防薬や治療薬が開発されるまでを目安として、患者様に対し不妊治療の延期を選択肢としてご考慮を頂くというものです。

当院では、この推奨を基に感染予防を徹底した上で、皆様が安心して治療に取り組めるよう、万全を尽くしていきたいと考えております。
1.発熱や感染のリスクのある方の受診は控えてください。
2.延期可能な治療については延期して頂くこと
3.凍結胚移植予定の方は、胚移植の延期をして頂くこと
4.体外受精、顕微授精はこれまで通り行い、全胚凍結保存を行います

一般不妊治療、人工授精、凍結胚移植はそのまま妊娠につながるため、最終的にはご夫婦とご相談の元、希望があればこれまで通り行います。
皆様のご理解・ご協力をお願いいたします。
page top
お問い合わせ
03-6274-6433
ご相談・お問い合わせ
診療日カレンダー
Information
クリニックでの相談をご検討の皆様へ診察時間は上記の受付時間と同様です。予約制ではありません。
不妊症治療ガイド 楠原ウィメンズクリニック 銀座駅徒歩1分の婦人科 ― 保険診療中心(一部自費診療あり) ―

子宮内膜症や月経不順、更年期障害他ホルモン治療などもお気軽にご相談ください。

楠原ウィメンズクリニック

〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-2 銀座七宝ビル6F

スタッフによる丁寧なサポートが自慢のクリニックです。負担が少ない治療からスタートし、様子を見ながらお一人おひとりに合った治療法をご提案しています。
お仕事帰りにも便利な銀座駅の目の前で、18:30まで診察しております。

さらに不妊症について学びたい方は
こちら↓

不妊学級とは

アクセス
「銀座駅」A1出口目の前
Googleマップ
地図