不妊治療の費用について
03-6274-6433 日・祝/定休
お問い合わせ
新着情報

不妊症治療ガイドTOP > 不妊検査に要する費用(保険・自費)

Ⅰ保険が使用できる検査

1.ホルモン測定(採血)

月経 (2~4日目) ・黄体化ホルモン(LH)
・卵胞刺激ホルモン(FSH)
・卵胞ホルモン(E2,エストラディオール)
1,770円
黄体期(排卵後、7~9日目) ・黄体ホルモン(P4,プロゲステロン)
・卵胞ホルモン(E2,エストラディオール)
・プロラクチン(PRL)
1,820円
生理不順(多嚢胞性卵巣などの治療前) ・男性ホルモン(テストステロン)
910円

 ※いずれも月1回の範囲で保険適用が可能です。

2.子宮卵管造影法

月経6~10日目 リピオドール  11,950円(保険適用、カテーテル代含む)
        イソビスト    9,420円(保険適用、カテーテル代含む)

保険が適用できます。また子宮卵管造影法の次の日に腹部レントゲンを行います(630円)

3.超音波検査(エコー)

1,590円

1ヶ月につき2回まで保険で検査できます。
※1.3回目以後は保険制度上、自費になります。(2,200円)
※2.hmgなどの排卵誘発剤で治療した場合は1ヶ月につき3回まで保険適用されます。

4.性交後試験(フーナー試験)

510円

※全ての診察に別途初診料・再診料が加算されます。
初診料:860円 再診料:390円

Ⅱ自費で行う不妊検査

1.血液検査

1)  AMH 6,600円
2)  甲状腺機能検査 (TSH・FT4) 4,300円
3)  抗精子抗体検査(ASA) (精子不動抗体) 5,500円
4)  感染症検査
・B型肝炎抗原・C型肝炎抗体・梅毒検査・HIVセット
※人工授精や体外受精の前に必ず行います。
6,600円
・クラミジア抗原検査
(現在クラミジアに感染しているのかの検査)
4,000円
・クラミジア抗体検査
(過去にクラミジアに感染したことがあるかの検査)
4,000円
5)  ABO型・RH検査 1,100円
6)  習慣性流産検査
(ループスアンチコアグラント定量・抗CLβ2GPI複合体抗体
凝固因子・プロテインC活性・プロテインS活性・APTT)
10,500円

2.精液検査

5,500円

3.妊娠反応検査

2,200円

Ⅲ自費で行う不妊治療

人工授精法

・当日の新鮮精液使用 27,500円
・凍結精子使用 38,500円

※自費の費用は税別になります
※自費で診察を行った場合、別途自費の初診料・再診料が加算されます。
自費初診料:2,200円 自費再診料:1,300円

page top
お問い合わせ
03-6274-6433
ご相談・お問い合わせ
診療日カレンダー
Information
クリニックでの相談をご検討の皆様へ診察時間は上記の受付時間と同様です。予約制ではありません。
不妊症治療ガイド 楠原ウィメンズクリニック 銀座駅徒歩1分の婦人科 ― 保険診療中心(一部自費診療あり) ―

子宮内膜症や月経不順、更年期障害他ホルモン治療などもお気軽にご相談ください。

楠原ウィメンズクリニック

〒104-0061
東京都中央区銀座5-6-2 銀座七宝ビル6F

スタッフによる丁寧なサポートが自慢のクリニックです。負担が少ない治療からスタートし、様子を見ながらお一人おひとりに合った治療法をご提案しています。
お仕事帰りにも便利な銀座駅の目の前で、18:30まで診察しております。

さらに不妊症について学びたい方は
こちら↓

不妊学級とは

アクセス
「銀座駅」A1出口目の前
Googleマップ
地図